古い家も全面リフォームで住みやすいお部屋に変化

古い家も全面リフォームで新築同様の家になります

全面リフォームのメリット・デメリット

最近、古くなった家を建て替えよりも全面リフォームにする人が多いようです。
全面リフォームとは、どんなリフォームなのでしょうか?
スケルトンリフォームといわれ、スケルトンとは、骨組のことをさします。
戸建ての全面リフォームは、一旦、元々ある内装や外装を全てはずして、骨組の柱や基礎となどの基盤になる部分のみの状態にし、そして一から間取りや内装・外装を作り直すことをいいます。
マンションの場合も、窓や玄関などは自由にできませんが、間取りを自由に変更することが出来ます。
全面リフォームは、家族構成やライフスタイルに合わせて間取りの変更したい場合、また経年劣化がひどく大規模な修理をしたい場合が多いようです。
リノベーションという言葉を聞いたことがあると思います。
建物に新たな付加価値をつけてつくりかえ、住みたい家に改装することをいいます。
単に住むためでなく好みや希望のスタイルと取り入れることで、例えば独立したキッチンをオープンキッチンに変更したり、内装のデザインを北欧風にするなど様々なやり方があります。
リノベーションでは、スケルトンにして大きく間取りを変更する場合もありますが、スケルトンにしないままできる場合もあります。
全面リフォームは、スケルトン状態になるまで解体を行い、全てを作り直すので、リフォーム後は新築と変わらない状態になります。
しかし間取りの変更など工事は大掛かりになり、通常のリフォームより費用や工事期間がかかります。

建て替えよりも全面リフォームが人気です

全面リフォームとは、どのようなリフォームなのでしょうか。 注文住宅のように自由なプランニングが、建替えとくらべて3分の2程度の費用を抑えることができます。 建築確認申請手続きが不要であったり、法令によって建て替えが出来ない土地、元の家に愛着があり壊すのをためらってしまうなどの理由があります。

全面リフォームと建て替えのメリット・デメリット

建て替えとは、元あった家を全て取り壊して新たにゼロから建築します。 しかし、全てが建て替え可能ではなく、建築基準法にはさまざまな制約がありますので、定められた基準の土地でなければできません。 再建築不可物件かどうかを事前に確認しておく必要があります。

全面リフォームを選択する前の注意

リフォーム・建て替え・全面リフォームと何を選択すればいいのか迷いますよね。 費用はかかっても全面リフォームより建て替えがむいているのは、どのような場合でしょうか? また、リフォームは固定資産税はかかりませんが、全面リフォームでは上がってしまいます。

おすすめリンク

岐阜で塗装会社を探す!リフォームをするタイミング

塗装にも種類があって、リフォームをするタイミングが重要だと言われています。岐阜で塗装会社を探そう。

大和市の住宅リフォーム補助金は?

住宅リフォームするなら知っておきたい!大和市のリフォーム補助金制度について調べてみました

千葉市の災害に対応!屋根修理

台風や地震など、予期せぬ災害でご自宅が破損!屋根修理にも対応している千葉市の会社です。